「地球号の危機ニュースレター」524号(2024年2月号)を発行しました。

2月21日(火)「ワタシタチハニンゲンダ!」上映会

ワタシタチハニンゲンダ!

外国人学校に対する官製ヘイト、技能実習生、難民、入管の実態など
外国人差別の本質にせまる

2021年3月、スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)が名古屋入管で死亡した。彼女の死は長年ベールに包まれてきた入管の闇を明らかにするとともに、公権力による外国人差別の歴史を象徴する事件と言って過言ではない。

戦後、日本政府は、在日外国人の9割を占めていた韓国・朝鮮人の管理を主目的とする外国人登録法などを制定した。そして後年、他国からの在留者が増えると、全ての外国人に対する法的・制度的な出入国管理政策を強化してきた。

  • 在日コリアン/高校無償化制度から朝鮮学校を排除。幼児教育・保育の無償化制度から外国人学校を排除。
  • 技能実習生/長時間・低賃金労働。暴力・不当解雇・恋愛禁止等の人権侵害事件多発。
  • 難民/難民認定を極端に制限。認定率は諸外国の20〜50%に比べ、日本は1%未満。
  • 入管/被収容者に対する暴言・暴行・劣悪な処遇が常態化。

高賛侑監督は前作「アイたちの学校」で朝鮮学校差別問題に焦点を当て、国内外で大きな反響を呼んだ。本作品では、全ての在日外国人に対する差別政策の全貌を浮き彫りにする。

人権侵害に苦しむ外国人が異口同音に訴える。

「私たちは動物ではない。人間だ!」

監督:髙賛侑/制作:「ワタシタチハニンゲンダ!」制作委員会/企画:ライフ映像ワーク/撮影:髙賛侑、小山帥人、松林展也/撮影協力・編集:黒瀬政男/テーマ音楽:Akasha/音響効果:吉田一郎/整音:朴京一/ナレーション:水野晶子/宣伝美術・タイトルロゴ:高元秀/2022年/114分

参考 「ワタシタチハニンゲンダ!」公式サイト


【新型コロナウイルス感染防止対策とお願い】

  • 会場内が密閉空間にならないよう常時換気を徹底しておこないます。
  • 参加者同士の間隔をあけるため、通常よりも座席数を減らします。
  • 発熱や咳など、体調不良の方は参加をご遠慮くださいますようお願いいたします。
  • 入場の際、アルコール消毒液による手指の消毒にご協力をお願いいたします。
  • 会場内ではマスク着用をお願いいたします。
  • 状況により開催中止となる場合もございます。大竹財団ホームページをご確認ください。

イベントの開催概要

 日 時  2023年 2月21日(火) 19:00〜21:00(開場18:30)

会 場  大竹財団会議室(東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル11階)

交 通  JR東京駅八重洲中央口徒歩4分(八重洲地下街24番出口すぐ)
東京メトロ京橋駅7出口徒歩3分
東京メトロ日本橋駅B3出口徒歩4分

参加費  一般=500円/ 学生、大竹財団会員=無料

対 象  一般(どなたでも参加可能です)

定 員  20名(要予約)

主 催  一般財団法人大竹財団

チラシ  20230221flyer