【予約受付中!】11月26日(月) 講演「主要農産物種子法廃止後の今 〜生産の現場で何が起きているのか、北海道帯広より」

12月11日(火)「乱世備忘 僕らの雨傘運動」上映会

映画『乱世備忘 僕らの雨傘運動』

未来を変えるには時間がかかる。2014年はすべてのはじまりであった。
香港の新世代による、香港、そしてアジアの未来を見つめる社会派青春群像劇ドキュメンタリー。

僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。こんな香港を見るのははじめてだった。香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。当時27歳だった陳梓桓(チャン・ジーウン)監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。

監督:陳梓桓(チャン・ジーウン)/エグゼクティブプロデューサー:崔允信(ヴィンセント・チュイ)/プロデューサー:任硯聰(ピーター・ヤム)、陳梓桓(チャン・ジーウン)/コプロデューサー:張鐵樑(チョウ・テツリョウ)/編集:胡靜(ジーン・フ)、陳梓桓(チャン・ジーウン)/音楽:何子洋(ジャックラム・ホ)/制作:影意志(雨傘運動映像ワークショップ)/原題:乱世備忘(Yellowing)/配給:太秦/監修:倉田徹/2016年/香港/128分
参考 映画「乱世備忘 僕らの雨傘運動」公式ホームページ

イベントの開催概要

 日 時  2018年 12月11日(火) 19:00〜21:10(開場18:30)

会 場  大竹財団会議室(東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル11階)

交 通  JR東京駅八重洲中央口徒歩4分(八重洲地下街24番出口すぐ)
       東京メトロ京橋駅7出口徒歩3分
       東京メトロ日本橋駅B3出口徒歩4分

参加費  一般=500円/ 学生、大竹財団会員=無料

対 象  一般(どなたでも参加可能です)

定 員  30名(要予約)

主 催  一般財団法人大竹財団

チラシ  20181211flyer

 


image

image