「地球号の危機ニュースレター」524号(2024年2月号)を発行しました。

(東欧だより)風ふきわたるキシナウ〈モルドバ首都〉

モルドバの首都キシナウには緑が多い(人口70万)© 岡部一明

モルドバの首都キシナウには緑が多い(人口70万)© 岡部一明

岡部 一明

 昨年の6~8月、モルドバの首都キシナウに居た。ウクライナの周辺、ポーランドあたりで長居をしようと思ったのだが、どうも物価が高い(ヨーロッパの基準では安いが私の基準では高い)。安く滞在できるところを探して白羽の矢が立ったのがモルドバだった。ブダペストまで来ていたのだが、急遽東進してモルドバの首都キシナウに行った。なるほど安い。宿代は最終的に1泊1300円になった。月4万円だ。日本に居ても家賃4万円程度で暮らしている人は多いだろう。シャワートイレはもちろん、簡易キッチン、冷蔵庫、洗濯機まで付いている。

 人口70万の小都市キシナウの郊外のアパート・ホテル。外に出ると、さわやかな風が吹いている。モルドバは天気がいい。毎日晴れだ。夕立の予報があってもほとんど降らない。乾燥しているので木陰に入れば暑さはさほど気にならない。そしてこの風だ。大陸性の気候で、大地に常に風が吹きわたる。

 天気図・レーダー図を見ると、西からやってくる雲が、バルカンの山やルーマニアのカルパチア山脈に遮られて、その東側が快晴になる。バルカン諸国では、常に雲が出てどんよりとしていたが、こちらは別世界だ。こんな天気がすぐ東隣のウクライナにも続いているのだろう。いや、その先のロシアも中央アジアも同じかも知れない。

天気がよく、乾燥し、空はあくまでも青い。緑がまぶしい。アパートの周辺で © 岡部一明
天気がよく、乾燥し、空はあくまでも青い。緑がまぶしい。アパートの周辺で © 岡部一明
郊外に行くと、車道も歩道も緑地帯も非常に広い。歩くと違和感があって落ち着かない。腰が浮く感じ。アメリカの街より広い。さすがにソ連の都市開発だ。東欧圏だがソ連領ではなかったルーマニアともかなり違う。写真の街路付近、団地群の中にある安宿(アパート)に入った © 岡部一明
郊外に行くと、車道も歩道も緑地帯も非常に広い。歩くと違和感があって落ち着かない。腰が浮く感じ。アメリカの街より広い。さすがにソ連の都市開発だ。東欧圏だがソ連領ではなかったルーマニアともかなり違う。写真の街路付近、団地群の中にある安宿(アパート)に入った © 岡部一明
街のメインストリートがシュテファン・チェル・マレ(シュテファン大公)通りで、中心部にシュテファン大公公園。大公の銅像が立つ。シュテファン大公(シュテファン3世)は、15世紀頃のモルダビア公(在位1457-1504年)で、モルダビア公国の全盛期をつくるとともにオスマン帝国と果敢に戦ったことで、この地の人々の尊敬を集める © 岡部一明
街のメインストリートがシュテファン・チェル・マレ(シュテファン大公)通りで、中心部にシュテファン大公公園。大公の銅像が立つ。シュテファン大公(シュテファン3世)は、15世紀頃のモルダビア公(在位1457-1504年)で、モルダビア公国の全盛期をつくるとともにオスマン帝国と果敢に戦ったことで、この地の人々の尊敬を集める © 岡部一明
シュテファン大公公園周辺に政府機関が集中する。写真は公園隣の国会議事堂。モルドバ共和国議会は一院制で定数101議席、任期4年。現在の多数派はリベラル・EU派の行動連帯党(63議席)© 岡部一明
シュテファン大公公園周辺に政府機関が集中する。写真は公園隣の国会議事堂。モルドバ共和国議会は一院制で定数101議席、任期4年。現在の多数派はリベラル・EU派の行動連帯党(63議席)© 岡部一明
その向かいが大統領府官邸。現在の大統領はマイア・サンドゥ。同国初の女性大統領で、リベラル派の行動連帯党の設立者でもある。ルーマニア語(母語)、英語、ロシア語を話す国際派で、米ハーバード大学公共政策大学院卒、モルドバ以外にルーマニア市民権ももつという © 岡部一明
その向かいが大統領府官邸。現在の大統領はマイア・サンドゥ。同国初の女性大統領で、リベラル派の行動連帯党の設立者でもある。ルーマニア語(母語)、英語、ロシア語を話す国際派で、米ハーバード大学公共政策大学院卒、モルドバ以外にルーマニア市民権ももつという © 岡部一明
カラフルで玉ねぎ型屋根が美しいモルドバ正教会の聖ティロン大聖堂/チューフレア修道院。1858年建立。共産主義時代、市中心部のナスレテア大聖堂が教会としては閉鎖され、ここがモルドバ正教会の大聖堂となっていた。2002年に再び修道院に © 岡部一明
カラフルで玉ねぎ型屋根が美しいモルドバ正教会の聖ティロン大聖堂/チューフレア修道院。1858年建立。共産主義時代、市中心部のナスレテア大聖堂が教会としては閉鎖され、ここがモルドバ正教会の大聖堂となっていた。2002年に再び修道院に © 岡部一明
中央市場。ブカレストからのバスが着く中央バスターミナル付近が市場地帯になっている © 岡部一明
中央市場。ブカレストからのバスが着く中央バスターミナル付近が市場地帯になっている © 岡部一明
モルドバでもフード・デリバリーの自転車が多く行き来する。キシナウは郊外に出るとすぐ田園地帯が目に入る © 岡部一明
モルドバでもフード・デリバリーの自転車が多く行き来する。キシナウは郊外に出るとすぐ田園地帯が目に入る © 岡部一明
1 2 3 4