HOME 10月9日(火) 「中国・反日デモにどう向き合うか!?」

10月9日(火) 「中国・反日デモにどう向き合うか!?」

8730 views 作成日 2012年 10月 01日 カテゴリ: 主催イベント

2012年9月、沖縄県の尖閣諸島を日本政府が国有化したことをきっかけに、中国では反日デモの嵐が吹き荒れています。日系企業や日本食レストランもデモ隊に襲われる中で、日中の政府・民間の交流事業も次々と中止になりました。

日本のマスメディアは反日デモを大きく報じていますが、日中の対立を煽り、誤った中国社会認識を垂れ流すだけの報道もたくさんあります。反日デモが起こるたびに繰り返されるこうした構図の中で、私たち市民にとって中国の人びとの本音や社会背景はなかなか見えてきません。それどころか、今回の反日デモを私たちはどのように受け止めればいいか、多くの人が思考停止状態に陥っているのではないでしょうか?

2012年に国交正常化40周年を迎えた日本と中国。両国間の歴史やそれぞれの歴史認識を改めて問い直し、冷静で深い議論を展開します。日本と中国はもちろん、東アジア全体の未来を構想していくためにも、人々がつながりあえる回路を見出すことが大切です。気鋭の若手研究者お二人が語ります。ぜひご参加ください。

image
2012-10-09_Flyer
  • 開催日
    2012年 10月 09日(火曜日)
  • 時 間
    19:00〜21:00(開場18:30)
  • 所在地
    東京都千代田区神田駿河台3-2-11
  • 交 通
    image 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅B3出口徒歩0分
    image 東京メトロ丸ノ内線「淡路町」駅B3出口徒歩0分
    image 都営新宿線「小川町」駅B3出口徒歩0分
    image JR中央線、総武線「御茶ノ水」駅聖橋口徒歩5分
  • 講 師
    丸川哲史さん(明治大学経済学部・教養デザイン研究科教授)
    劉傑さん(早稲田大学社会科学部・社会科学総合学術院教授)
  • 進 行
    内田 聖子さん(アジア太平洋資料センター事務局長)
  • 参加費
    一般=500円
    学生・大竹財団会員・PARC会員=無料
  • 対 象
    一般
  • 定 員
    90名
  • 主 催
    財団法人大竹財団
    アジア太平洋資料センター(PARC)
  • チラシ



企画を評価してください
(0 投票)
最終更新日 2013年 3月 13日 Tags: 反日デモ, 国交正常化, 尖閣諸島

コメントを追加


セキュリティコード
再読込み