HOME 12月13日(火) 固定価格買取制度で風力発電は変わるのか?

12月13日(火) 固定価格買取制度で風力発電は変わるのか?

2 views 作成日 2011年 11月 25日 カテゴリ: 主催イベント

 

近年、風力発電の導入に急ブレーキがかかっている。立地、故障の多発、買い取り価格、送電制限など、さまざまな要因に加え、国が政策として本気で風力発電を増やす策を採ってこなかったからだ。

こうした状況のなか、導入されることになった日本のFIT。

導入すれば今後、風力が増えていくのか? ペイする産業として成り立つのか? 法的に整備が必要なものは? 日本での風車の適地はあるのか? 洋上風力発電に活路はあるか?

等々の疑問について、現状での解決策、将来の解決策をしめす。

 

image
2011-12-13flyer
  • 開催日
    2011年 12月 13日(火曜日)
  • 時 間
    18:45〜21:00(開場18:15)
  • 所在地
    東京都中央区京橋1-1-5セントラルビル11階
  • 交 通
    image JR東京駅八重洲中央口徒歩4分(八重洲地下街24番出口すぐ)
    image 東京メトロ京橋駅7出口徒歩3分
    image 東京メトロ日本橋駅B3出口徒歩4分
  • 講 師
    斉藤 純夫さん(ウィンドコネクト(株)代表取締役、法政大学サスティナビリティ研究教育機構兼任研究員)
  • 参加費
    一般=500円
    大竹財団会員・学生=無料
  • 対 象
    一般
  • 定 員
    25名 ※予約優先
  • 主 催
    財団法人大竹財団
  • チラシ



企画を評価してください
(0 投票)
最終更新日 2011年 11月 29日 Tags: FIT, 固定価格買取制度, 新エネルギー, 自然エネルギー, 風力発電

コメントを追加


セキュリティコード
再読込み