HOME 団体概要 大竹財団って?
Eメール
記事インデックス
大竹財団ってどんな財団?
突飛な論より事実の調査
財団活動に哲学を求めて
すべてのページ

 

以下、 『朝日ジャーナル』1985年7月5日号に掲載された記事です。

 


財団といえば、とかく企業のアクセサリーとか節税対策とか思われがちだが、大竹財団は様々な市民活動を援助したり、いっしょに講演会を開いたり、一風変わった財団である。
創設されたのは1972年。それ以来、竹内直一さんの日本消費者連盟宇井純さんの自主講座、そこから派生した松岡信夫さんの市民エネルギー研究所などを援助してきた。公害や原発に反対しているグループと企業がつくった財団の結びつきは、これまでの“常識”を破るものだ。
同財団が主催する月一回の講演会も、すでに200回を超えたが、最近3回のテーマを見ても — 3月「アメリカのアジア人」=岡部一明さん(移民資料センター)、4月「見てきたインド・ボパール」=松岡信夫さん(市民エネルギー研究所、同事件を監視する会)、5月「飢えるアフリカ」=柴田久史さん(日本国際ボランティアセンター)— と、これも市民運動型である。
大竹慶明さん、48歳。この財団の理事長である。
「正直いって、経済界では白い目で見られ、異端児扱いされてます。でも、うちなんかフォードやトヨタなどとは比較にもならないミニ財団。ありふれた活動していてもつまんないし、第一、市民運動の人たちとつきあってみると、みなさん純粋で、とても気持ちがいいんです。で、まあ、私が知り合った範囲内の草の根グループの人たちに協力してきた。それだけのことなんですよ」
慶明さんの父、仙松さんは、貧困から身を起こして、貸しビル・倉庫業で財をなした。いわば立志伝中の人である。
もろもろの うらみつらみを
泡と消し 心やすけく
生きなん われら
仙松さん、晩年の歌である。
「資産はできた。だが、人生を金儲けだけで終わりたくない。この金をもっと甲斐のあることに使えないものか」
何か社会に役立つことをと考え、東京駅八重洲口前に所有している9階建ての5階ワンフロアを基本財産にして財団をつくった。