HOME ニュースレター 『地球号の危機ニュースレター』No.403(2014年1月号)
『地球号の危機ニュースレター』No.403(2014年1月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料80円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:一般財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

403号 目次

 

資料・本紹介

  • 米国の浮体式洋上風力発電の現状

 

<メール通信>-1
環境ビジネスオンラインより

 

<メール通信>-2
化学物質問題市民研究会 ピコ通信/第183号より

 

環境汚染が心配な薄膜(カドミウムテルル化)太陽光発電パネル
[蒲谷昌生]

クリーンで使い切ってしまう心配がない太陽光発電システム。昨年7月から再生可能エネルギーで発電された電気を電力会社が高価格で買い取ってくれる制度がスタートしたこともあって太陽光発電は住宅用だけでなくメガソーラーと呼ばれる大規模発電システムまで設置が急増している。だが、太陽光発電だからといってすべてが環境にやさしいとは言い切れない。生産量で世界第2位を誇る米ファーストソーラーが日本でも本格的な販売活動を開始するという。同社が生産する薄膜型太陽光発電パネルの心臓部にはテルル化カドミウム(CdTe)という化合物が使われている。この化合物は、カドミウム単体に比べれば毒性が低いとはいうものの、わが国にはカドミウムによるイタイイタイ病の苦い経験がある。.....

 

ブルターニュという矛盾
[渡辺一敏]

フランスで秋から、「エコタックス」と呼ばれる新規課税措置に対する激しい反対運動が、経済危機に苦しむブルターニュ地方を中心に展開され、政府は来年初めに予定されていたこの措置の導入を見送るだけでなく、ブルターニュに対する緊急支援策を提示するという対応を強いられている。実は、この紛争の背後には、農業と環境保護の関係を考える上で重要な問題が控えている。「エコタックス」といえば、通常は「環境税」のことだが、フランスでは特に交通インフラ整備の財源確保を目的として3.5トン以上の貨物トラックを対象に適用される道路課金のことを指しており、意味が少し異なる。もちろん、道路輸送による温室効果ガス排出などの環境汚染を抑制し、汚染度の小さい鉄道や河川輸送などの代替手段の仕様を促すという狙いもこめられている。.....

 

<エッセイ>オヤジバンドコンテスト
[湯木恵美]

 

新エネルギー紀行(5) 北京からウランバートルへ
[井田均]