HOME ニュースレター 『地球号の危機ニュースレター』No.388(2012年10月号)
『地球号の危機ニュースレター』No.388(2012年10月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料80円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

388号 目次

 

資料・本紹介

  • 米国:「クリーンエネルギー基準」は風力発電の安定成長をもたらすか?

 

ピーク電力の供給力の問題
[中川修治]

7月26日に九州電力管内では最も電力がひっ迫したと言われる状況となった。当日の最大供給力は1627万kWである。九電に確認したのであるが、この中に九電管内で既に設置されている太陽光発電の総設備容量は80万kWの4分の1の20万kWが供給力としてカウントされている事がわかった。彼らが不安定であてにならないから電力価値は風車と同等で価値が低いと言っているその太陽光が余剰電力分のみで20万kW確実にあると考えているのだ。随分勝手な話だ。.....

 

フランスで「環境会議」が開幕
[渡辺一敏]

フランスでは9月14日と15日の両日に政府主催の「環境会議」が開かれ、閣僚、国会議員、環境NGO、産業界、労組など各方面の代表者およそ300人を集めて、エネルギー、生物多様性、健康・環境、環境関連税制、環境ガバナンスの5つのテーマをめぐるラウンドテーブルが進行している。これを皮切りに今秋から来春にかけて、今後のエネルギー・環境方策の方向を決める一連の討論が展開される見通しで、関係者は期待半分、警戒半分で今後の推移を見守っている。.....

 

<風車ファンのメールマガジン【Windrose】380>より
[斉藤純夫]

 

<エッセイ>綺麗で寂しい三角公園
[湯木恵美]

 

<EICネット 海外ニュース>より

 

クリントン米国務長官に訴えるオンライン署名キャンペーン