HOME ニュースレター 『地球号の危機ニュースレター』No.382(2012年4月号)
『地球号の危機ニュースレター』No.382(2012年4月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料80円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

382号 目次

 

福島第一原発事故から1年、見えにくい日本の「顔」
[渡辺一敏]

東日本大震災と福島第一原発事故の1周年に際して、フランスのメディアもあらためてその被害規模の大きさと深刻さを振り返り、被害者への追悼式典や黙祷の映像を放送し、被災地の復興の進捗(あるいはその遅れ)について報じ、災害が提起した諸問題について専門家のコメントを伝え、今も仮設住宅で暮らす被災者らの将来に対する不安や絶望に満ちた証言を現地からルポした。そんな中で、経済紙レ・ゼコーは社説で「2万人近い死者を出した震災と津波自体よりも、公式には1人も犠牲者を出していないはずの原発事故の1周年のほうが注目されているのは逆説的だ」と報じた。.....

 

資料・本紹介

  • 米国:風力発電の拡大を妨げる送電系統の問題
  •  

    <大竹財団講演会報告>
    「貧困の現場で生と死を見つめて」
    講師:稲葉剛さん

     

    <エッセイ>動物のお医者さん

    [湯木恵美]