HOME ニュースレター 『地球号の危機ニュースレター』No.373(2011年7月号)
『地球号の危機ニュースレター』No.373(2011年7月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

373号 目次

 

資料・本紹介

  • 世界市場を拡大する風力発電
  •  

    <エッセイ>優しい人混み
    [湯木恵美]

     

    「脱原子力」、経済的にも妥当な選択
    [渡辺一敏]

    6月13日に実施された国民投票でイタリアが原子力発電の再開を否決した。汚職疑惑や未成年買春容疑などで信用を失っているベルルスコーニ首相に対する反発も作用したとはいえ、政府が計画していた原子力発電所の新設に対する反対は95%前後に達した。すでにドイツが2022年までに脱原子力を実現する方針を決め、スイスも原子炉のリスプレースを放棄して既存の原子炉を2034年までに段階的に閉鎖することを選択した。ヨーロッパの「脱原子力」にドライブがかかりつつある。.....

     

    <メールニュース>より
    京都大学と大阪ガスは、「木質ペレット」と「太陽熱」を利用した空調システムを導入し、地元との連携による地産地消型エネルギー循環モデルの共同実証を進めていきます

     

    <JANJANブログ>より
    なぜ脱原発ができないか − もう一つの理由
    [上岡直見]

     

    新出雲風力発電所で大規模トラブル
    住民運動で設計変更が原因か
    [井田均]