HOME ニュースレター
ニュース
『地球号の危機ニュースレター』No.376(2011年10月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

376号 目次

 

福島原発事故から半年、フランスの報道ぶりを紹介
[渡辺一敏]

東日本大震災・津波と福島第一原発事故から半年を経た9月11日、フランスのメディアもこれを機会に、改めて原発事故収束作業の進捗状況や日本の原子力政策の方向などについて取り上げた。米同時多発テロの10周年と重なったことや、11日が日曜日でフランスでは一般紙は休刊したことなどもあり、ニュースとしては優先的な扱いを受けたとはいえないが、他方で、野田新内閣が発足した直後であり、おまけに鉢呂経済産業相が福島原発に関係した不適切な発言などが理由で辞任するという話題もあっただけに、報道の材料には事欠かなかった。.....

 

資料・本紹介

  • カーボンオフセットの功罪
  •  

    <エッセイ>堤さんちの庭で
    [湯木恵美]

     

    <大竹財団講演会報告>
    「東日本大震災と人間の安全保障 〜復興に向けて」
    講師:池住義憲さん

     

    電力会社建設のメガソーラーを見る
    [井田均]

    我が国にも1000kWを超える大型太陽光発電施設、メガソーラーが続々と出現しつつある。北海道稚内市と山梨県北杜市にNEDOが音頭を取って建設した5000kWと2000kWの施設に続き、電力会社の東京電力が神奈川県川崎市の埋め立て地に建設していた2つのメガソーラーのうち「浮島太陽光発電所」(7000kW)が2011年8月10に完成、「扇島太陽光発電所」(1万3000kW)も年内完成を目指して工事が進んでいる。.....

     

 
『地球号の危機ニュースレター』No.375(2011年9月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

375号 目次

 

フランス製の次世代原子炉EPRの安全性と将来に疑念
[渡辺一敏]

福島原発事故から4カ月を経た7月中にフランスの原子力産業界では主要電力会社EDF(フランス電力)と原子力大手アレバの関係のねじれが政府の肝いりで修復されるという注目すべき動きが見られた。これは「福島以後」も原子力推進の世界的リーダーたろうとするフランスの公式的立場から見れば、原子力部門の競争力を強化する上で予めきちんと解決しておくべき重要な課題だった。.....

 

資料・本紹介

  • アイスランドと欧州を結ぶ海底送電計画
  •  

    メキシコ2011,ベレ先生と仲間たち

     

    宮崎はどれほど富を失っているのか
    [中川修治]

    全量買い取り法案が、菅直人総理の引退の取引材料だと言われているが、はたしてそれは正しいのだろうか? 全量買い取りというのはちょっと表現に難がある。これは派生電力の適正な社会経済的評価とすべきものだろう。それによって、やっと太陽電池や風力発電設備バイオマスボイラーや地熱発電設備などが形となって表れ目的とされる電力の生産が初めて行われるのだ。目的は機器の設置などではない。そんなものに金を出すなどというのは無駄だ。それこそ的外れなのだから電気を起こさない風車を林立するし、過去に大金を使って設置された太陽光発電設備が跡形も無くなったり、残っていてもそれが動いているのかどうかすら分からないのだ。.....

     

    <エッセイ>祭りの意味に思うこと 〜龍神まつり〜
    [湯木恵美]

     

    <EICニュース>より
    エネルギー・自然環境 他

     

 
『地球号の危機ニュースレター』No.374(2011年8月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

374号 目次

 

フランス政府、脱原子力のシナリオ検討を開始
[渡辺一敏]

フランスのルモンド紙が調査機関IFOPと協力して欧州主要国(英独仏伊西)の国民の原子力に対する支持率調査を実施した(6月21〜27日にフランスで1000人強、ほかの4カ国では600人強を対象にオンラインで実施)。それによると、原子力支持派の比率が最も高いのは英仏両国で、ともに32%に達した。反対はイギリスで21%、フランスで20%だった(残りの英34%と仏37%はどちらともつかない逡巡派)。スペイン、イタリア、ドイツでの支持率は各々27%、20%、17%だった。伊独では反対派が58%および55%と過半数を占めた。.....

 

<エッセイ>開発の代償、原発への責任
[湯木恵美]

 

東電、全原発を止めても今夏の電力確保は可能!!
− 問題は原発中心のムダな電力需要を拡大してきたツケ −
[安藤多恵子]

東電は、福島原発事故後すぐに計画停電を発表。自助努力をするより先に節電を求め、電力供給制限を行った。そして、「夏の電力が足りなくなる」キャンペーンをまた始めた。過去の原発停止による、「電力危機」も同じようなキャンペーンで「停電が起きる」と人々を脅し、節電を求めた。しかし、喉もとを過ぎれば、原発による余った夜間電力の消費先として、家庭の需要増を狙うオール電化等のキャンペーンで家庭の需要をのばしてきた。.....

 

<大竹財団主催講演会報告>
八ッ場ダムっていまどうなってるの?(2)
講師:渡辺洋子さん

 

資料・本紹介

  • ドイツの脱原発政策、利するのは中国企業か!
  •  

 
『地球号の危機ニュースレター』No.373(2011年7月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

373号 目次

 

資料・本紹介

  • 世界市場を拡大する風力発電
  •  

    <エッセイ>優しい人混み
    [湯木恵美]

     

    「脱原子力」、経済的にも妥当な選択
    [渡辺一敏]

    6月13日に実施された国民投票でイタリアが原子力発電の再開を否決した。汚職疑惑や未成年買春容疑などで信用を失っているベルルスコーニ首相に対する反発も作用したとはいえ、政府が計画していた原子力発電所の新設に対する反対は95%前後に達した。すでにドイツが2022年までに脱原子力を実現する方針を決め、スイスも原子炉のリスプレースを放棄して既存の原子炉を2034年までに段階的に閉鎖することを選択した。ヨーロッパの「脱原子力」にドライブがかかりつつある。.....

     

    <メールニュース>より
    京都大学と大阪ガスは、「木質ペレット」と「太陽熱」を利用した空調システムを導入し、地元との連携による地産地消型エネルギー循環モデルの共同実証を進めていきます

     

    <JANJANブログ>より
    なぜ脱原発ができないか − もう一つの理由
    [上岡直見]

     

    新出雲風力発電所で大規模トラブル
    住民運動で設計変更が原因か
    [井田均]

     

 
『地球号の危機ニュースレター』No.372(2011年6月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

372号 目次

 

資料・本紹介

  • 天然ガスはエネルギー政策のホープとなるか?
  •  

    <エッセイ>復興支援、私に出来ること
    [湯木恵美]

     

    原発検査の準備進めるフランスで新たな地震マップ発表
    [渡辺一敏]

    福島第一原子力発電所の事故がヨーロッパの原子力政策に少なからず影響を及ぼしていることは、欧州連合(EU)が域内の原発のストレステスト実施を決めたことでも明らかだが、テストの基準策定を目的として5月12日にブリュッセルで開かれた欧州原子力安全規制機関グループ(The European Nuclear Safety Regulators Group=ENSREG)の会合は物別れに終わり、原子力安全をめぐる加盟国のスタンスの違いが改めて浮き彫りになった。.....

     

    <大竹財団主催講演会報告>
    柏崎刈羽原発5号機「原子力格納容器スタビライザの技術的問題と設計思想」
    講師:柴田宏行さん

     

    <大竹財団主催講演会報告>つづき
    原子力はなぜ危険か

     

    <大竹財団主催講演会報告>
    八ッ場ダムっていまどうなってるの?
    講師:保坂展人さん

     

 
『地球号の危機ニュースレター』No.371(2011年5月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

371号 目次

 

<メール通信>より
東北地震・津波震災を受けた、ご縁の地を訪ねて

 

福島原発事故の評価、「レベル7」への引き上げ予想していたフランス
[渡辺一敏]

福島第一原発事故の国際原子力事象評価尺度(INES)による評価が、経済産業省の原子力安全・保安院により「レベル5」から最悪の「レベル7」に引き上げられた。この評価の変更に関するフランスの新聞の報道内容を概観するとともに、日本の原子力反対運動に関する対照的な報道について紹介してみたい。また、福島原発事故のフランスにおける最も直接的な影響として、フェッセンハイム原発の閉鎖要求がいっそう高まったことにも触れたい。.....

 

資料・本紹介

  • 建設コスト軽減で競争力が増す風力発電
  • Amazon Road Setto Give Braziland Peru New Trade Route
    アジアにつながる夢(?)の南米大陸横断道路 
  •  

    太陽光発電で工場の停電時の電力供給(2)
    NEDOがインドネシアで世界初の実証実験に成功
    [井田均]

    なぜ実証実験の場としてインドネシアを選んだのか。強い太陽という得難い自然条件があるからだ。実験場所としたLenIndusyri社は土地を持ち、高品質の電力を必要としていることも選んだ重要な要素だ。.....

     

    <エッセイ>考えることを止めないということ
    [湯木恵美]

     


 
『地球号の危機ニュースレター』No.370(2011年4月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

370号 目次

 

緊急報告(3月17日現在)
日本福島第一原子力発電所で4機原発が次々と大破損した

東京電力福島第一原子力発電所で4機の原発が次々と大破損をし、今、大量の放射能が放出されている。3月11日の東北関東で起きた大地震・大津波で被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。さらに福島原子力発電所事故により被爆されている状況には言葉もありません。大量消費地である首都圏の電気のための原発が引き起こした事態です。現地の方々が地震、津波に加えて被爆を負わされていることに心が痛みます。.....

 

原発大国フランスでも脱原発論が活発に
[渡辺一敏]

日本の原発危機をきっかけとして、多くの国で安全性(あるいは危険性)の観点から原子力政策を見直す機運が高まっているが、欧州ではドイツ政府がいち早く、昨年秋に決めたばかりの原発延命策のモラトリアムと最も古い原発7基の稼働停止を発表した。これに対して、フランス政府は原子力優先のエネルギー政策を継続する方針を明確にしている。フランスでも日本の危機を目の当たりにして、脱原発を要求する声は強まっており、論争が沸騰しているが、これがエネルギー政策の変更に繋がるかどうかは疑問だ。.....

 

民主党政権の無謀な原発拡大路線の行く末 −2011・3
過去に向き合うことが「これから」をつくる
[菅井益郎]

 

<コラム>より
ゴヤ芸術の今日性
− 展覧会「ゴヤが見た戦争 版画集『戦争の惨禍』と報道写真」
[石井正伸]

 

<エッセイ>しなやかに強く 新しい旅立ちに向けて
[湯木恵美]

 


 
『地球号の危機ニュースレター』No.369(2011年3月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

369号 目次

 

資料・本紹介

  • メキシコ湾どころではないナイジェリアの原油流出
  • ドイツ、原子力発電の運転を延長
  • 風力発電最適地 − 世界トップテン
  •  

    <エッセイ>春よ来い
    [湯木恵美]

     

    <2月メール通信>より
    過去に向き合うことが「これから」をつくる
    〜イラク戦争支持と自衛隊派兵の「検証」問題〜
    [池住義憲]

    イラク戦争は、まだ終わっていない。米英によるイラクへの軍事攻撃開始(2003年3月20日)から8年経った今も、続いている。日本はイラク戦争を「支持」し、約5年にわたって自衛隊をイラクに「派兵」し続けた。.....

     

    <EICニュース>より
    自然エネルギー

     

    太陽光発電で工場の停電時の電力供給
    NEDOがインドネシアで世界初の実証実験に成功

    昨年12月、中部電力管内の愛知県、三重県、岐阜県を跨がる一帯で、0.07秒間という瞬間的な停電があった。この結果東芝四日市工場の一部が停止、生産品のNANDフラッシュメモリーの生産量が減少し、100億円を超す損害が出る恐れがでている。こうした事態を避けるため、インドネシア・バンドゥンで新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が停電時や電圧低下時の緊急用代替電源として太陽光発電を使う実証実験が成功したという情報に接した。.....

     


 
『地球号の危機ニュースレター』No.368(2011年2月号) 印刷 Eメール

image

 

地球号の危機ニュースレター

環境、エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題をテーマに、国内外の状況を紹介・分析・論評。マスメディアなどに取り上げられにくいローカルな情報も豊富。

B5判・年12回発行
一部定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元:財団法人大竹財団

 

見本誌のお申し込み


ご購読のお申し込み

 

368号 目次

 

項目別索引 No.319(2007.1)〜No.366(2010.12)

 

資料・本紹介

  • バイオプラスチックは地球にやさしい?
  •  

    ウェンディー先生のいる村
    [玉村和子]

    ニュースレター2010年10月号「メキシコ:つながっていく支援の手」に登場したメキシコのウェンディー先生から村の様子を綴った報告書が届いた。まず最初に驚いてしまったのが、ウェンディー先生がもう「先生」ではなくなっていたことだ。メキシコ・シティーの便利な生活から貧しい辺境の村での生活に2年ほど前に飛び込んだ際、村が属する郡役所と教師として赴任する契約を結んだそうだ。ところが、昨年10月に突然「予算が無くなった」との理由から解任されてしまった、という。日本の公立校では考えられないことだ。.....

     

    <エッセイ>伝統行事に思うこと
    [湯木恵美]

     

    <メール通信>より
    補助金によって私たちは何を失うか(2)
    [中川修治]

    補助金は貰った分だけ安くなったと見る人が大部分だと思います。つまり、実は補助金の分だけ他の人が負担してるとはほとんどの誰もが気がついていないし、安く出来て儲けたと思っているでしょう。出来るだけ沢山貰いたいと思うのが人情ですし。しかし、これは見かけ上安くなっただけです。本当の社会的なコストは補助金分も含めて考える必要があります。.....

     

    <メール通信>より
    湾岸戦争から20年 JIM-NET劣化ウラン・アドボカシーチームまとめ
    クウェートが劣化ウラン弾とどう向き合っているのか

     


 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 > 最後 >>

4 / 6 ページ